小顔注射の副作用とお金の問題

若い頃は小顔だったのに、20代後半くらいから、 どんどん顔が丸く大きくなってしまいました。
先輩に相談してみても「どんな女性でも歳を取ると、そういう風になるもんだよ」と言われ、半ば自分でもあきらめていました。
悪あがきで激しい運動なども試したのですが、体は筋肉質になるのですが、顔はそのままという残念な結果でした。
そこで科学的に単純に考え直し、小顔注射bnlsの成分に着目しました。 そしたらフェイスラインに効果がありそうという事がわかりました。 しかし、お金が無かったのと小顔注射bnlsの副作用が気になったので結局「運動したら、運動した部位が痩せやすい」という シンプルな結論にたどり着きました。
これなら、激しい運動をしても、 顔が痩せないのも納得がいきます。
この結論にたどり着いてから、 「表情」「舌」「のど」「口」「首」をひたすら動かし、 「歌を歌う」「よくしゃべる」なども実践した結果、 半年の時間は必要でしたが、 現在30代後半ながらも小顔に戻る事ができました。
考えてみれば、当たり前なのですが、 案外、盲点になっている方法かもしれません。
同様の事でお悩みの方がおられましたら、 是非一度試していただきたい方法と 考えております。

就職活動を機に取り組んだ小顔になる努力

私はエラが張っており、頬骨も出ていてとても顔が大きいです。
それでも子どもの頃は髪の毛を伸ばして顔を隠していたので、あまり気にしていませんでした。
しかし大学3年生の頃就職活動を始めるようになってから、伸ばした髪を束ねないのは清潔感がないと担任から指摘を受け、さらに顔が暗く見えるためなるべく顔を出したほうがいいとアドバイスを受けました。
そこで、周りの就職活動仲間の中で最もオーソドックスな髪型だった「後ろで一つ結び」をしたのですが、大きな顔が目立ってとても恥ずかしく、自分に自信が持てず、積極的に就職活動をする事が出来なくなってしまったのです。
しかしその後仲間の就職活動が成功していくのを見ていて、このままではいけないと思い、自分のコンプレックスである大きな顔を少しでも小さく見せようと努力を始めました。
まず、メイクを徹底的に勉強しました。
ファンデーションの塗り方、ハイライトを入れる位置、チークを入れる位置を見直し小顔に見えるようにしました。
目については、濃くメイクをし、視線がそちらにいくように工夫しました。
次に顔自体を小さくする努力をしました。
といっても私は骨をけずる勇気はなかったので、せめて顔のむくみを取れるように毎日マッサージを行うようにしました。
さらに、顔のむくみサプリを飲み続けたおかげで少しづつですが、顔が小さくなり目がぱっちりとするようになりました。
また髪の毛はばっさり切ってショートにしてしまいました。
顔周りに少しでも髪の毛があったほうが、顔が小さく見えるためです。
結果、自分に自身を持つことが出来るようになり就職活動も無事に終えることが出来ました。